彼女できない社会人は自分に合った出会いツールを選択しよう

アラフォーオッサンの彼女

社会人になると男性は仕事でプライベートの時間が激減します。学生時代から付き合っている彼女がいらばまだいいのですが、社会人になると、「出会いの場」というのが学生時代から一気に減ってきます。

 

 

それでもって、彼女を作ろう刀子とだいたい「会社の同期」とか「取引先の女性」とかに限定されてくるんですけど、社内は社内で、同期のイケメンに女が集中するし、取引先の女性とはぶっちゃけ接点があんまりないので、かなり苦労します。

 

 

社会人になって2〜3年くらいすぐにたってしまいます。そう仕事を覚えるのって大変なんですよね。

 

 

そんなこんなで、社会人になると

 

 

「あれ?俺って彼女もいないし仕事しかしてなくね?」

 

 

という状況になります。これってものすごくありがちなパターンなんですよね。

 

 

こういう字右京になってくるとだんだんと怖くなってくるんですよね。

 

 

 

「一生彼女ができないんじゃないか??」とか

 

 

ネガティブな方向になってしまいます。

 

 

もともと、会社の組織とかって恋愛にはあんまり向いてないんですよね。社内恋愛でうまくいっても、結婚しないとなんかまずい雰囲気になりますし、社内でいったん付き合って別れたりするとかなりめんどくさいですし、最悪の場合は出世に影響したり、社内での立場が若干悪くなったりします。

 

 

とはいっても、会社以外のプライベートで仮名序を作ろうとすると、それなりの行動力が必要になってきます。

 

 

そもそも、女性になれていない男性の場合、自分で女性を求めて行動するっていうのがかなりきつい行動になってくるんですよね。

 

 

これって、経験したことがある人ならわかると思います。

 

 

でもね、私も今では彼女はいますけど28歳くらいまで「一生彼女できねーだろーな」とガチで思っていた童貞奥手だったんですよ。

 

 

それでも彼女ができましたから、普通の男性だったらやり方さえ間違えなければ確実に彼女ができますよ。

 

 

ここでは、彼女ができない社会人男性が彼女を作っていく方法をご紹介します。

 

 

 

まず、「女性の好まれるマインド」を取得しておこう

アラフォーオッサンの彼女

学生くらいまでは、イケメンがかなりモテます。それは女性にとっての男の価値観が「外見」の要素が高いからなんですよね。

 

 

でも、社会人位になってくると、イケメンでも中身がペラペラな男では全然だめだよ・・・というのに女性も気づいてきます。

 

 

「性格の良さ」「居心地の良さ」「経済力」「芯の強さ」という男の内面を重視するようになってきます。

 

 

そう、もちろんイケメンのほうが有利ですが、女性は男性の「内面を重視」するほうにシフトしてくるのが社会人になってからなんですね。

 

 

 

もちろん、内面を重視すると言っても、見た目をあまりおろそかにするのはダメですよ。「清潔感」や「ファッション」な男の内面をあらわるものとして 女性もしっかりチェックしています。

 

 

余談ですけど、外見で特に大事なのは「髪型」と「靴」です。髪型をなるべく清潔感のある自分の顔に合う髪型にして、靴も革靴ならしっかりと磨かれた靴、スニーカーならきれいなヨレヨレじゃない靴を履くのが最低限の礼儀みたいなもんです。

 

 

そのあたりをきちっとしていれば、社会人になると、内面がイイ男がモテてきます。ペラペラな中身だと一生モテない男で終わってしまいます。

 

 

 

逆に言うと女性にモテるマインドをもって女性と接していくと、イケメンでなくても余裕でモテるようになるのが社会人という時期になります。

 

 

 

こういった「清潔感」「マインド」は最低限クリアーしていれば後は出会いの場に出ていくだけです。

 

 

そう、出会いの場に出ていかないと出会いは生まれません。

 

 

どういう場所で出会いを作っていくかを見ていきましょう。

 

 

 

女性との出会いの方法は限られているちょっと検証してみましょう

アラフォーオッサンの彼女

女性との出会いの方法ってのは割と限られています。ネットの記事なんかでさんざんこういった

 

 

出会い方法の記事はあるので、情報は知ってるとは思いますが、私がモテない童貞だったころからやってきた経験を

 

元に考察してますね。

 

社会人サークルやスポーツジムや習い事などでの出会い

アラフォーオッサンの彼女

こういったいわゆるプライベートでの社会人サークルやスポーツジムなんかで出会いを作るという方法ですね。

 

 

けっこうこういうところって趣味が一緒だったりすると話も弾みますし、女性としたなりやすいというメリットがあります。

 

 

定番は料理サークルや英会話のサークルやフットサルのサークルとかありますよね。趣味のパターンは無限にあるので、こういう場所で女性と会うのも悪くありません。真っ先に思いつくのがこの社会人サークルってやつじゃないでしょうか?

 

 

実際出会いの場としても有効だとは思います。

 

 

ただ、最初から「出会い目的」でこういった社会人サークル的なのにはいってもたいていうまくいきません。

 

 

そもそも、出会い目的で自分が好きでもない趣味のサークルに入ったら、まずそのサークルを「楽しめない」ですよね。

 

 

楽しそうにしているから、そういう男性を見て女性もその男性を「魅力的」と思うわけです。

 

 

そう、なんでも楽しそに自分の好きなことをしているときって魅力が出るんですよね。だから社会人サークルが結果的に「出会いの場」になるわけです。

 

 

そういうことで、出会いを求めて自分の好きでもないサークルに入るのだけは辞めましょう。

 

 

それでもって、自分の好きな趣味と言っても「女性がいないサークル」なら当たり前ですけど出会いはありません。

 

 

たとえば、アイドルが好きな人が集まるサークルなんかに女性はいないでしょ?そういうことです。オタク的なサークルではまず出会いはありません。

 

 

なので、社会人サークルは入るなら自分がやりたい趣味のサークルに入るのが鉄則ですし、出会い目的で入るのは

 

 

あくまで「たまたま出会いがあった」くらいのスタンスでないと結局うまくいきません。

 

 

だって、好きでもない趣味に時間を費やすほど社会人て暇じゃないでしょ?そいう言うことです。

 

 

社会人サークルで出会いを求めるのはあくまで「たまたま出会いがあった」くらいの意識レベルでないとうまくいかないことが多いです。

 

 

社会人になってプライベートでサークル活動をするのは悪くないことなので、自分の趣味をやる場所として参加するのがイイでしょう。

 

 

 

相席居酒屋・婚活パーティー・合コン・街コン

アラフォーオッサンの彼女

相席居酒屋とか合コンとかこういう「飲み会」で男女の出会いを作って言うサービスみたいなのも増えてきたよね。

 

 

相席居酒屋とか婚活パーティーはとにかく女性との話す場を設けて、出会いを作るというわかりやすいシステムです。

 

 

こういったサービスではたいてい女性が無料だったり半額以下だったりするサービスがほとんどです。

 

 

そう、そのため冷やかしでくる女性とか暇つぶしで来る女性も多いですよね。そういう女性とあたると悲惨なんですよね。

 

 

あと、婚活パーティーだけは個人的には辞めたほうがイイです。ほんとガチで「余りもの」の女しか来ません。なんというか

 

 

イメージは学校の時にクラスにいたブサイクで誰にも相手にされないレベルの女が集結することになります。

 

 

そいう言う場所に2時間で5000〜1万円払うという超ぼったくりなのが婚活パーティです。これだけは出会いの場から除外しましょう。

 

 

 

まだ、合コンとかのほうがマシです。マシなので言うと

 

 

合コン>街コン>相席居酒屋>婚活パーティー

 

 

っていう感じですかね。とはいえ、合コンでもやっぱり友人のつてとかでやる合コンはまだマシです。

 

 

実際私の友人でも合コンの出会いで結婚した男がいます。私もその友人が嫁さんと出会った合コンに出ていたので、間違いないです。

 

 

ただ、街コンとか相席居酒屋は出てみましたが正直微妙でしたね。

 

 

そう、とにかく回転率みたいのが速すぎて、まともに女性と話す時間とかないです。それでもって、やっぱり街コンとかだと

 

 

 

あきらかに暇つぶしな女性が多いですよね。相席居酒屋については下記の記事を参照してください。

 

 

 

 

出会いの場としては婚活パーディー以外なら、出ても損は無いと思います。ただ、今までこういうたぐいでうまくいった人を見たことがあるのは、その結婚した友人の一例だけなんですよね。

 

 

結局、出会いの時間が数時間なので、イケメンが有利になるんですよね。時間が短すぎてトークの力とか内面の良さを アピールする時間がほとんどないというのが決定的な端緒になるのが、合コンとか街コンですね。

 

 

 

ストリートナンパで出会う

アラフォーオッサンの彼女

ストリートナンですね。いわゆるストナンです。

 

 

これができる人ならたぶんこの記事を読んでないでしょう。

 

 

ストナンができる人なら、彼女どころかセフレとか普通にいると思いますしね。そのあたりに歩いている女性に声をかけていくらでも出会いを量産することができます。

 

 

 

ふっちゃけ、ストナンができる人ならストナンが最もおススメです。自分の好みの女性にいくらでも声をかけれるんですから そりゃストナンできる人はもう悩みなんかないですからねたぶん。

 

 

ただ、もっとも行動としてハードルが高いのがストリートナンパですね。

 

 

まず、ストナンやったことがある人ならわかりますけど、初心者のころって100人声かけて1人くらいお茶とかカフェに連れ出せれば いい方です。

 

 

 

あとの99人には断られるわけです。しかもタダ断れれるだけならいいですけど

 

 

 

「無視される」
「ウザいと言われる」
「話しかけないで」
「ゴミを見るような目で見られる」

 

 

 

という仕打ちを受けるのが日常茶飯事です。これを乗り越えてストナンを続けていくと「すご腕ナンパ師」というレベルになっていきます。

 

 

すご腕と言われるナンパしでも10人に声個かけて1〜2人くらいをカフェなんかに連れ出すのがいいところです。

 

 

あと、余談ですけどストナンしてるとものすごくトーク力とか営業力見たいのは上がってきます。そりゃそうですよね。

 

 

最も難しい、「初対面の人と仲良くなる」というのでしかも「かわいい女性限定」でやってるんですからトーク力はついていきます。

 

 

 

なので、ストナンは最もおススメなんですけど、もっと行動するにはタフな精神力と不屈の闘志みたいなのが必要です。

 

 

ストナンができると人生が180度変わってきますが、いくらでも好みの女性に声をかけていって、いくらでも出会いを量産できます

 

 

ただ、その反面、悲惨な断られかたをするのがナンパというものです。強靭なメンタルを持っていない人にはあまりおススメできません。

 

 

 

 

ネットでナンパをするいわゆる「ネトナン」

アラフォーオッサンの彼女

 

こういう出会いの方法がありますけど、私が8年間やってるのがネットでのナンパ、いわゆる「ネトナン」です。

 

 

ネットで出会いを探すというのは仕事をしながらスキマ時間にできるので、いつの間にかいつもやるようになっていました。

 

 

スマホさえあればいつでもどこでも女性にアプローチできる

 

 

いくらでもたくさんの女性に同時にアプローチできる これはマジでいい

 

 

ネットで出会いを探すので社内恋愛みたいにめんどくさいことが起こらない

 

 

ストリートナンパと違って最初の女性へのコンタクトがメールなので心理的ハードルが低い

 

こういったメリットがあるんですよね。実際に私がアラサーで童貞を卒業して、彼女を作り今ではセフレを4人絶えずキープできているのもネットナンパのおかげなんですよね。

 

 

まあ、自分がうまくいったからおススメしている当のもありますけど、とにかく仕事の合間にちょこちょこできるのが気に入っています。

 

 

出会い系を使い初めて数か月たったら彼女も普通にできましたし、半年くらいやってるとセフレもできてきました。

 

 

それだけ、簡単で楽に女性とコンタクトをとれるのがネットナンパの強みなんですよね。今最もおススメできる出会いの方法です。

 

 

 

出会い系で彼女ができない社会人が彼女を作る 良いところ悪いところ

アラフォーオッサンの彼女

 

出会い系は、以前はなんとなく怪しい感じのイメージだったんですが、とてもシンプルでわかりやすいツールです。

 

 

単純に18歳以上の出会いを求めている男女の連絡ツールくらいな感じで、ほんとにやってることは メールのやり取りの場を提供しているだけなんですよね。

 

 

 

そう、その分自由度がハンパないです。

 

 

基本援助交際とかのやりとりは禁止ですけど、それっぽい書き込みとかもたくさんありますし、

 

 

マジメに彼女を作りたい男性とか、彼氏を作りたい女性、セフレを作りたい人、不倫をしたい人などニーズはメチャクチャ広いです。

 

 

 

そう、目的は人それぞれでいろんな人がいます。まさに出会い系のツール上では男女のオープンな欲望が絡み合っています。

 

 

ぶっちゃけていうと、もちろんリアルな場所と一緒でブサイクな女もいれば、かわいい女もいます。これは経験上リアルな場所と比率は一緒です。

 

 

そりゃリアルな場所でもカワイイ娘のほうが少ないですよね。そんなもんなんですよ。

 

 

ただ、一番のメリットは出会い系に登録している男女は、その時点で「出会いを求めている」ということなんですよね。

 

 

これってものすごく大きいです。つまり「会うことが前提」でのやり取りが最初からできるので、メンドクサイ駆け引きとかが かなり少なくなってきます。

 

 

だから結果、マメにメールを送っている男が出会い系の勝利者になるわけです。そうマメにメールを送った「数」が多い方が単純に勝利者になれるということですね。

 

 

だって、リアルな恋愛というか場所では、やたらめったら女を口説くわけにはいかないでしょ?取引先の女性にいきなり

 

 

「今度会いませんか?」

 

 

とかまず言えないです。少しずつ仲良くなって、ある程度話せるようになってきたらオファーするという流れです。

 

 

でも、出会い系ならそういう「めんどくさい過程」というのをすっ飛ばせるので、最初から会いましょうみたいなことを言っても全然大丈夫です。

 

 

 

もちろん、ファーストメールでいきなり「会おうよ」というのは辞めといたほうがイイですけど、LINEを交換したりして

 

 

少し仲良くなればアポイントを取っていけます。かなり短時間でこれをやっていくことができます。

 

 

リアルな恋愛だとここまで行くのに3か月〜半年かかりますよね。しかも一人の女性に対してね。

 

 

出会い系なら最短で1日から3日くらいでアポイントを取れます。ここが大きな出会いの効率の圧倒的差になるんですね。

 

 

 

 

出会い系は「大手で老舗の出会い系」を使おう

アラフォーオッサンの彼女

 

出会い系にも種類がありますが、私が使っているのは「大手の老舗の出会い系」です。

 

 

無料の出会い系とかアプリはまず、使いにくいのもありますが、サクラとか業者が多くて使えたもんではありません。

 

 

そりゃ無料ですからね。サクラとか業者もいくらでも入り込んできますよね。

 

 

それでもって、無料の出会い系とかは効率が悪いです。無料でメールを送れるので男性がいくらでもメールを送るからですね。

 

 

 

女性に一日に500通くらいめーるが届くそうです。こんなの返信しないですよね女性もね。

 

 

無料の出会い系を使った時には300通くらいメール送って返信がゼロって時がありました。

 

 

「大手の篠瀬の出会い系」だと10通送って1〜2通くらいの返信がきます。
大手の出会い系は「男性がポイント制で有料・女性は無料」という料金体系です。

 

 

メールを送るときにもポイントがかかるので、やみくもにメールを送ることができないんですよね。

 

 

これによってものすごく女性への競争率が下がります。メールの数もかなり減るので女性も返信しやすいのでしょう。

 

 

あと、個人的な感想ですけど、大手の出会い系のほうがやっぱり平均的に女性のルックスレベルが高いです。

 

 

そういう理由で「大手の老舗の出会い系」を8年使っています。

 

 

だいたい、月に2〜3人の新規の女性と会うことができています。それもあって4人は常時セフレをキープしています。

 

 

その中で一番にい娘を彼女にするというパターンですね。おかげで女性に不自由はしていません。

 

 

色んな女性が出会い系でいましたよ。

 

 

 

出会い系をつかって、彼女ができない社会人でも割と簡単に彼女ができます。というかセフレが量産できます。

 

 

出会い系には感謝しています。ガチで出会い系は辞められそうにありません。

 

 

 

私が利用している出会い系サイト

スマホ

「出会い系」は自分の周りに女性がいない場合の、男性が出会いを求めるツールとしては最強のスペックを誇ります。

 

 

「出会い系ってなんだか怪しいイメージがある・・・」というのは2000年代前半のころのことです。

 

 

現在では、スマホの普及で、出会いのツールとして抜群の使いやすさで人気の出会いのツールになっています。

 

 

また、出会い系はクリーンな出会いのツールとして、ここ最近ホットなツールに成長してきています。

 

 

サイトは使いやすく、きちんと本人確認と年齢確認をしているので、安心して登録して出会いを作っていくことができます。

 

 

特に、大手の出会い系は登録者数が500万人以上いて、出会いを求める人が集中して利用していることがわかります。

 

 

当サイトでは私が彼女ができた「PCMAX」をおススメします。

 

 

→参照:PCMAX登録方法

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 

 

PAMAXはアクティブユーザー(サイトを実際使っている人数)は200万人以上の今もっとも旬な出会い系です。

 

 

サイトが極限まで使いやすくなっていて、初めて使う人でも迷うことなく利用できることがポイントです。

 

 

出会い系を利用すると、様々なタイプの女性との出会いをガンガン作り出せるので、効率的な女性との出会いを量産していくことができます。

 

 

ただ、出会い系を使えばすぐに「好みの女性」に会えるというわけではありません。やはり出会い系を使って、ある程度の女性と会って行かなければ好みの女性とは巡り合えません。

 

最初に出会った女性が好みの女性なら超ラッキーですが、実際は10〜20人くらい会っていくと、その中に好みの女性が1〜2人くらいというのが普通です。

 

 

実際、リアルな生活でも「かわいい娘」は大体10人に1〜2人くらいですからね。出会い系で登録時ている女性もかわいい娘となるとそのくらいの割合です。

 

 

しかし、10人くらい女性と会って行けば、たいてい好みの女性と出会うことができるのが「出会い系」の醍醐味です。

 

 

あなたが出会い系を利用して、好みの女性と出会うことができるのを心から祈っています。

 

 

→参照:PCMAX登録方法

 

 

 

 

 

PCMAX以外でサブで使っているサイト