ストナンに疲れたらネットナンパをしよう 難易度ハードルが低い出会い系で女性をゲットしよう

スト年で引っ掛けた女

女をセフレにする、セフレを量産するっていうとストリートナンパが思い浮かびますね。いわゆるストナンというやつです。

 

 

確かにストナンはセフレ作るのには最強の方法ですけど、なっかなか実行できる人は少ないです。

 

 

というか、ストナンできる人はここ診てないですよね。そう、ストナンはハッキリ言ってかなりの上級者でもむつかしいくらいのセフレ作りの方法です。

 

 

いずれストナンをやるにしても、最初は「ネットナンパ」いわゆるネトナンから入ったほうだ楽ですし、効率もいいです。

 

 

ネットナンパでもストナンとやることは一緒で、女性にアプローチしてセックスまで持っていくというのが基本です。

 

 

そこで大きく違うのがネットナンパは「直接女性に声をかけるのではなくて、ネットでメールなので最初のアプローチ」をするということですからね。ここが、精神的な負荷というか、ものすごくハードルが低いんですよね。

 

 

いきなり道行く人に声をかけれる男ってそうはいないです。でもネットナンパなら、メール送るだけなので、ぶっちゃけだれでもできます。

 

 

いやもうこれ最初はネットナンパから入ったほうがイイですよガチで。しかもネットナンパの強みは

 

 

「複数の女に同時にアプローチできる」
ということですね。

 

 

これができるので、ネットナンパは初心者でも最低限の結果は出せます。マメにメール送ればなんとかなる世界ですからね。

 

 

もちろんネットナンパにもデメリットはあります。
会うまでは写メ交換くらいはできるが、実際のルックスは会うまではわかりにくい
会うまではそれなりに女性と和んで行く必要がある

 

 

というデメリットがあります。特に会うまでルックスがわかりにくいというのはデメリットですね。

 

 

とまあそういうデメリットを考えてみてもネトナンの威力はでかいです。特に女性とあまり接したことが無い男性にとってはまずやるべきなのがネットナンパですね。やっぱりやりやすさと手軽さを考えると初心者男性にとってはネットナンパ一択になります。

 

 

 

ネットナンパは手軽ですけど、効率よくやっていくためにはポイントがあります。そのポイントをご紹介します。

 

 

 

ネットナンパのメリットを最大限に使って行く

スト年で引っ掛けた女

 

ネットナンパって結局最大のメリットは「メールと複数人に同時に出せる」ということなんですよね。

 

 

これって、やり方次第で最強のメリットになります。

 

 

単純に言うと、
「どれだけメールと送った数が多いかと、どれだけ相手にわかりやすいメールを送った」
かにかかってきます。

 

 

平たく言うと
「どれだけ返信率の高いメールをたくさん送れたかどうかにかかってきます」

 

 

これが結局誰でもできるんですけど、なかなかやってる人が少ないですよね。

 

 

メールを複数の相手にたくさん送るのがネットナンパの基本中の基本です。そうすれば、そこから返信が着て会える確率が上がっていくからです。ネットナンパ師はこのメールをマメにものすごい数を打っています。

 

 

ただ、メールをたくさん送ると言っても、同じ文面でコピペで送っても返信率は相当低いです。

 

 

そう、相手女性のプロフィールとかを見て、それに質問するような形でメールを送っていきます。めんどくさいと思いますけど、 これをやるかやらないかで返信率がガチで10倍くらい違います。

 

 

たとえば女性のプロフィールとかが

 

 

女プロフ「最近ダンスにハマっています。毎日踊っているあーもう楽しい」
男メール「こんにちはー ダンスってどんなダンスなの?ヒップホップ?たのしそうだねー いいなー」

 

 

女プロフ「旦那とセックスレスになって3年くらいです。ほかの男性と知り合いたいので出会い系に登録しました」
男メール「いやあセックスレスってキツイですよね。やっぱり結婚すると冷めるもんなんですか?お話聞きたいです。」

 

 

とまあ、女性のプロフとか掲示板に書いてあることに「質問」するような形が一番無難で、返信率が高いです。

 

 

これは経験上間違いないですね。これをやるかやらないかで返信率ほんと10倍くらい違いますよ。

 

 

間違ってもコピペでメールたくさん送ったりしないでくださいねー。さすがに女性もバカじゃないのでそういう「コピペメール」には気づきますからね。

 

 

これもメールを送ってくると、慣れてきてガンガンメールを送れるようになってきます。そしてメールを送って返信があった女性とやり取りして実際に会って行くというのが流れになってきます。

 

 

とにかく「複数の女性」にガンガンめーるを送るのが極意です。単純にマメに「返信率の高いメール」をどれだけ送ったかでセフレができる量も決まってきます。

 

営業で言えば見込み客を集める作業」ですね。

 

 

とにかく、会える女性がたくさんいれば「見込み客」がたくさんいるということで営業成績も当然上がってくるということです。けっこう営業と似てるんですよね。ネットナンパっていうのはね。

 

 

 

ネットナンパをやるなら「大手の老舗の出会い系」を使うのがベスト そこを間違うと効率が激悪になりますよ

スト年で引っ掛けた女

 

 

ネットナンパをするには選択肢って多いですよね。ツイッターやツイキャス、ニコ生でネットナンパしてる人も多いです。

 

 

ただね効率を考えると、そういう「誰でも参加してしまうネットワーク」って効率が悪いんですよね。

 

 

なぜなら、誰でも参加できるので、別に男女の出会い求めているわけじゃあないですからね。普通にただツイッターやりたい人とかのほうが多いわけです。

 

こういう誰でも参加できる型のSNSとかを使うと、「セフレを量産する」という目的はかなり効率が悪くなります。

 

 

ただ、友達つくるならこういうのでもいいんですけどね、あなたの目的は「セフレの量産」ですからね。友達たくさん作ってもまったく意味ないです。
ネットナンパで使うツールは「大手の老舗の出会い系」が一択です。

 

 

これには理由があって、まず当然出会い系は「出会いを求めている男女」が集まります。なので、最初から「会うことが前提」なので話が早いです。とにかくセフレを作るなら、最初から「出会いを求めている男女」がいるところが手っ取り早いですからね。

 

 

ツイッターとかツイキャスとかで、出会いを求めてない女をその気にさせて会うまで持ってくのってかなりめんどくさいですよ。

 

 

最初から出会い系使って、そのめんどくささを省いていくのは効率を考えると当然です。

 

 

出会い系なら最初から「セフレ目的」の女もけっこういます。こういう女を見つければ話は早いですしね。

 

 

そう、とにかく最初は効率を良くしていかないとめんどくささが増してきて辞めてしまう危険もあります。

 

 

それを回避するためにも最初から出会い系を使うべきなんですよね。

 

 

大手の老舗の出会い系はとにかく競争率が低い だから使うべき

スト年で引っ掛けた女

 

 

大手の老舗の出会い系っていうのは基本「男性がポイント制で有料 女性が無料」という料金体系です。

 

 

「有料なの?じゃあ無料の出会い系とかのほうがイイんじゃね?」

 

 

と思ってると悲惨なことになります。もちろん私も無料の出会い系とか使ったことがあります。

 

 

でもねえ、無料の出会い系って、とにかく男女比がおかしいっていうか無料なだけに男がメチャクチャおおいんですよね。

 

 

それでもって、女に無料でいくらでもメールを送れるので、女の方にも一日300通くらいメールが届くらしいです。

 

 

 

これ実際、出会い系で会った女に聞いたので間違いないですね。

 

 

300通もメール届けばそこで返信してせいぜい5通くらいです。これは競争率が高すぎて返信とか来ません。

 

 

私も無料の出会い系で1000通くらいメール送って返信が来たのが4通くらいですよ。しかもその中で2通はデリヘル業者みたいな感じです。これじゃあどうしようもないですよマジで。

 

 

その逆に、「大手で老舗の出会い系」なら、メール送るのにもポイントがかかるので、男もそんなにメールをやみくもに送ることができません。

 

 

 

そうなると競争率も激減するので、女性からの返信も10通送って2通くらいは来ます。これくらい返信が無いとぶっちゃけヤル気なんて出てこないんですよね。人間そんなものです。

 

 

あと、大手の出会い系は業者とかやっぱ少ないです。ゼロではないですけど、メール送ってみたらデリヘル業者だったっていうのがテンション下がりますからね。大手の出会い系は業者が少ないので、使いやすいんですよね。

 

 

無料の出会い系や出会いアプリは業者ばっかでうんざりします。このあたりで私も無料の出会い系とか6年くらい使っていません。
大手の老舗の出会い系は400万人以上の登録者とアクティブユーザーが50万人以上いるので、女性の数も圧倒的なんですね。

 

 

こういう理由もあるので、セフレ量産するなら「大手の老舗の出会い系」を使うのが一択になってきます。

 

 

ネットナンパをうまくやっていく具体的なポイント

スト年で引っ掛けた女

 

出会い系をつかってネットナンパをしていくわけですけど、そこには具体的なポイントがあります。

 

 

ポイントをしっかり押さえていけばセフレを量産するのってそれほど難しいことではありません。実際に今まで出会い系を使ってきて大事なポイントがいくつかあるので、挙げていきます。

 

 

@女を楽しませるというマインドを常に持つ

 

まず、出会い系でもなんでもそうですけど、セフレを量産することが目的だと「いやーセックスしたいな」っていうのが目的になってしまいます。もちろんこれが目的なんですけど、女が男と会ってセックスする理由うってのは

 

「その男が楽しいからなんとなく」

 

「楽しい感じで強めに押されたんで寝てしまった」

 

 

みたいな「楽しいからセックスする」というのが女の気持ちです。

 

 

平たく言うと女って楽しければそれだけでいいんですよ。特に出会い系はもともと出会い目的なので、そんなのは女性も解っています。

 

 

ただ、女性だってつまらない男と会ってセックスしてもしょうがないわけです。どれだけ楽しく過ごせるか、楽しい雰囲気を醸し出してくれるかで男を判断します。女ってあんまり男のルックスとか関係ないんですよね。楽しけりゃそれでいいっていう生き物です。

 

 

なので、男も女性を「楽しませることだけ」をしてください。自分の自慢話とか自分のことをわかってほしいとか思って、
自分の普段の生活とかベラベラしゃべってもしょうがないです。

 

 

そんなことを話すより、寒いギャクでも女性に行ったほうが100倍マシです。自分の自慢話がいかに意味がないというのはわかりますよね?

 

 

 

とにかく女性を「楽しませる」といマインドだけ持って女性と接してください。それが結果的に女性があなたに股を開くことになってきます。

 

 

Aヤりたくてもガっつかない

女は「余裕のある男」が大好きです。

 

 

セフレが欲しいといっても、とにかく会った瞬間に「ホテル行こう」とかいうのはやっぱりNGです。

 

 

ガっつくのことで「男としてのステイタス」的なのが落ちてしまいます。

 

 

さっきお話ししたとりあえず「女を楽しませるマインド」で特に最初は女と接します。

 

 

それこど寒いギャクでもいいんですよ。それを言いきることができる男がおかが女性にとっては魅力に映るわけです。

 

 

「私を楽しませようとしている」

 

 

というのが伝わるだけで女は勝手に
「この男性は私のことを考えている」
と思い込んでくれます。

 

 

そう、最初からガっつくのはNGです。最初は得に女性をたのしませること「だけ」をやっていきましょう。

 

 

 

Bアプローチでマイナス(ネガディブ)発言はしない

これも「女を楽しませる」というマインドと関連しますけど、とにかくメールの文章でも、実際に会ってからでもマイナス(ネガディブ)発言はしないということです。

 

 

女って「女々しい男」って大嫌いなんですよね。自信をもって引っ張っていってくれる男が大好きです。これってここで書かなくても一般的にしられていることなんでイメージはできると思います。

 

 

出会い系で女が

 

 

「最近寂しいから登録しました」

 

 

 

とかプロフィールに書いてありますが、男はこんなこと書いちゃあだめです。女々しい男が出来上がりますからね。

 


「最近彼女と別れて寂しい」

 

「暇でしょうがないので登録した」

 

「女がいないからつらいよ」

 

 

とかこういうマイナス要素のあることは、書かない、言わないということで徹底してください。

 

 

あなたと相手女性が親しくなってからなら多少こういう言葉が出てもイイですけど、まだ口説く段階ではこういうマイナス的なことばはNGです。

 

 

多少横柄なくらいで、自信のある男が女性は大好きです。もちろんカン違いで横柄な態度はダメですよ。弱い人とかには丁寧に接してきます。

 

 

典型的にダメなのは、ファミレスやコンビニの店員さんへの態度が横柄だってりする男をみると、女は一気に冷めます。

 

 

というか人間的なレベルが低いなと思ってしまいます。これって女性でなくても男でもそう思いますよね。

 

 

女性に対しては多少横柄な態度で、そういう立場が弱い人には丁寧に接したりすると「ギャップが生まれて」より男の魅力が高まります。

 

 

とにかく、最初の段階ではマイナス的な言葉とかはNGです。自信をもって女性と接していきましょう。

 

 

 

C業者を見分けてスルーする

 

 

実務的な話になりますが、出会い系をつかっているといわゆる「業者」ってうのがいます。

 

 

デリヘル業者だったり、個人的に援助交際やってるような女とかいますよね。

 

 

こういうのは徹底的にスルーしてください。時間の無駄ですからね。

 

 

プロフィールとか見ればだいたいわかります。わかりやすい「エロ要素」のあるプロフは大体業者です。

 

 

 

「火照った体を癒してください」

 

「旦那とセックスレスで我慢できないです」

 

「寂しいからエッチしたいです」

 

 

とか、素人女性がいきなりプロフィールでこんなこと書きます?絶対書かないですよね。プロフィールで不自然にエロ要素があったらたいてい業者です。

 

 

また、間違って業者にメールしてしまったら、たいていお金が絡んだ返信メールがきます。そういうときもオールスルーしてください。

 

 

セフレ量産が目的ならそんなのに時間割いているのはもったいなさすぎますからね。

 

 

Cお金を使うところは使って行く

 

 

「大手で老舗の出会い系」を使うことが必須ということを書きましたけど、有料の出会い系を使ってもせいぜい月に

 

 

3000〜5000円くらです。私はこれくらいで大体月に2〜3人の女性と新規で会えています。

 

 

婚活パーティーとか知ってます?一回5000円〜1万円とられて、2時間くらいでしかも売れ残りのおばさんばっかりでその値段ですよ。悲惨ですよ婚活パーティーとかってね。

 

 

 

合コンでもだいたい男のほうが多く払うので、8000円とか普通にかかるでしょ?しかも一回でね。それでブスばっかりとかの合コンもありますしね。これも悲惨です。

 

 

それを考えるといかに出会い系がコスパがいいかわわかります。このあたりはかねかけたほうがイイですガチで。

 

 

 

月に5000円くらいは使うというのは、投資として決めておくといいですね。逆に5000円以上は使わないとか決めるとメリハリがついて効率も良くなります。
私は仕事の合間に出会い系をちょこちょこやって月に2〜3人会えるので、もっとガッツリやっていけばもっとたくさんの女と会えるでしょう。

 

 

結局、あれこれ手を出すより出会い系をコツコツやっていくのが一番強いですね。ネットナンパも手を広げ過ぎると

 

 

効率が逆に悪くなるので、そのあたりを考えて行動していくのが大事です。

 

 

大手で老舗の出会い系を使えばそれほど失敗も無いですし、メールをマメに送っていけば比較手的初心者でも女とコンスタントに会っていくことができます。

 

 

 

結論はセフレ量産なら出会い系使ってネットハンパすべき

スト年で引っ掛けた女

 

ネットナンパするなら出会い系使ってセフレ量産をするのが一番近道ということです。

 

 

合コンとか、婚活パーティーとかも使ったことがありますけどコスパが悪いうえに女性の質も悪いのでいいことが全くありませんでしたね。

 

 

そんなところに時間と金を使うよりも、出会い系使ったほうが効率もいいし、なにより女との接点が爆発的に増えます。

 

 

これはネットナンパの醍醐味ですね。最初のハードルが「メールを送る」ということなので、心理的なハードルが低いのがイイですしね。

 

ここからセフレ量産していくとドラマが生まれてきます。そのドラマを作っていくのはあなたですよ。

 

 

私が利用している出会い系サイト

スマホ

「出会い系」は自分の周りに女性がいない場合の、男性が出会いを求めるツールとしては最強のスペックを誇ります。

 

 

「出会い系ってなんだか怪しいイメージがある・・・」というのは2000年代前半のころのことです。

 

 

現在では、スマホの普及で、出会いのツールとして抜群の使いやすさで人気の出会いのツールになっています。

 

 

また、出会い系はクリーンな出会いのツールとして、ここ最近ホットなツールに成長してきています。

 

 

サイトは使いやすく、きちんと本人確認と年齢確認をしているので、安心して登録して出会いを作っていくことができます。

 

 

特に、大手の出会い系は登録者数が500万人以上いて、出会いを求める人が集中して利用していることがわかります。

 

 

当サイトでは私が彼女ができた「PCMAX」をおススメします。

 

 

→参照:PCMAX登録方法

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 

 

PAMAXはアクティブユーザー(サイトを実際使っている人数)は200万人以上の今もっとも旬な出会い系です。

 

 

サイトが極限まで使いやすくなっていて、初めて使う人でも迷うことなく利用できることがポイントです。

 

 

出会い系を利用すると、様々なタイプの女性との出会いをガンガン作り出せるので、効率的な女性との出会いを量産していくことができます。

 

 

ただ、出会い系を使えばすぐに「好みの女性」に会えるというわけではありません。やはり出会い系を使って、ある程度の女性と会って行かなければ好みの女性とは巡り合えません。

 

最初に出会った女性が好みの女性なら超ラッキーですが、実際は10〜20人くらい会っていくと、その中に好みの女性が1〜2人くらいというのが普通です。

 

 

実際、リアルな生活でも「かわいい娘」は大体10人に1〜2人くらいですからね。出会い系で登録時ている女性もかわいい娘となるとそのくらいの割合です。

 

 

しかし、10人くらい女性と会って行けば、たいてい好みの女性と出会うことができるのが「出会い系」の醍醐味です。

 

 

あなたが出会い系を利用して、好みの女性と出会うことができるのを心から祈っています。

 

 

→参照:PCMAX登録方法

 

 

 

 

 

PCMAX以外でサブで使っているサイト