彼女が欲しいならリアルな場所でさがしましょう

手錠の女

 

こんにちは。金山です。

 

 

当サイトに「リアル 場所 彼女欲しい」という検索ワードで訪問していた方がいます。

 

 

彼女が欲しいけど、リアルにどこで探したらいいかわからない・・・・といった感じでしょうか?

 

 

彼女を探すとというか、女性をナンパするような場所は単純にクラブとかストリートナンパになりますね。

 

 

ちょっと違ったニュアンスだと王道で、趣味のサークルとか職場恋愛、合コンあたりでしょうか。

 

 

ただこの「リアル」という言葉が気になります。実際は、合コンなんかでうまくいったことは経験上僕はありません。ナンパができる人はクラブがたぶん最高の場所ですね。ただナンパができる人は少ないでしょう。

 

 

リアルな恋愛というのは、それなりに「リア充」でないと、いい思いはしないですよね。もちろんそれなりにリア充でなくても、ガンバリ次第で女性をモノにできますが、かなり厳しい戦いになるのはイメージできます。

 

 

ここではリアルな恋愛の場所をまじめに考えてみましょう。

 

 

まず前提は彼女が欲しいなら女性のいる場所に出ていくこと

地平線

女性がいる場所ってリアルな社会では限られていますが、そこに出ていくことが、なんだかんだ言って彼女を作るきっかけになります。

 

 

モテる男って単純に女性と接している時間が長いというパターンが多いんですね。それは環境がよくて、女性に慣れていって女性の気持ちや扱い方を自然に理解しているということもあります。

 

 

とにかく出不精にならずに、女性のいる場所に繰り出してみるのが、最初の一歩になります。これができるかどうかで今後の人生がかなり違ってくるといっても過言ではありません。

 

 

リアルに彼女がほしい人の場所を考えてみる

がんばるサラリーマン

リアル社会ですと、大学とか職場とか、趣味のサークルあたりが一番彼女ができる場所なんじゃないでしょうか?

 

 

ありきたりの回答ですが、これがほんとに「リアル」な現実だと思います。

 

 

ナンパをすることができればナンパが一番なんですけどね。これはちょっこのサイトの趣旨から外れるので、できる人はナンパをやってみてください世界が変わりますよ笑。

 

 

ただ、ナンパができない人は職場や趣味のサークルなどで探していくのが無難ですね。あとは出会い系なんかで女性と攻めの姿勢で出会っていくのも手ですね。

 

 

いちばん時間的に短時間で彼女を作る場所は出会い系です。ただ、出会い系に登録すれば簡単に出会えて彼女ができるというかというと、それは違います。

 

 

ある程度数を打って、もしかしたら苦い経験をするかもしれません。ですが出会い系では女性と会える数が一気に増えるので、経験値を挙げるにはうってつけの場所なんですね。ある意味リアルな場所ということになりますね。

 

 

実際こういった今ってネットが発達して、こういうネット経由の出会いのツールを使っている人がオイシイ思いをしています。

 

 

とにかく女性と会うまでの「時間を短縮」できるのが一番のメリットですね。こういった出会い系などのツールを使うのは「リアルじゃない」というのはそれは違います。

 

 

出会い系などのツールはあくまでも「出会いの道具」なので、そこから女性と会ってうまでの時間を短縮できます。なぜなら、出会い系に登録している男女は「出会いを求めている」からです。かなり話が早いです。

 

 

会ってからはリアルな恋愛とほぼ同じですね。そういうイメージをもっていくとネットを使ったりしてリアルな場所でも女性と会って行くことができます。

 

 

女でも彼氏ができないって苦しんでる女も言えっこういますからね。

 

 

関連:彼氏できない理由とガチで男が寄ってくる行動方法の真実

 

 

彼女が欲しいならリアルな場所はぶっちゃけいくらでもある

ボールを持つ女性

これを言ってしまうと元も子もないのですが、ぶっちゃけ生きていての出会いはすべてリアルです。

 

 

コンビニの店員を好きになってしまうのもリアル。職場のあの子を好きになってしまうのもリアル。

 

 

クラブでナンパして失敗するのもリアルですね。これはやっぱり彼女が欲しいと思っている場合はある程度の「痛み」を覚悟するのが必要です。

 

 

女性にアプローチしてうまくいくことのほうが多い人はホント一握りですね。ほとんどの人が、特に最初のうちは失敗します。だって女性経験がないんですから。

 

 

女性と接していくうちに、だんだんと経験値が上がっていって、だんだんとうまくいくようになります。

 

 

だんだんと経験値が上がっていくと、出会える女性の質も高まっていき、ある意味どんな場所でも女性とうまく接することができるようになります。

 

 

どこでも「リアルな場所」になりうるわけですね。それを実現するとっかかりが出会い系での女性に会うといういわば最初の「修行」です。

 

 

慣れてくれば、出会い系はもちろん、リアルな職場や趣味のサークルでいざ出会いがあったときうまくいく可能性が高くなります。

 

 

好みの女性が現れたときに、女性と自然に接することがきる状態にしておくのはとても大事なことです。

 

 

ですので、最初は彼女がほしいとおもったら、なるべく女性と単純接触する時間を増やしてください。出会い系はそのためのツールでもあります。

 

 

出会いの最強のツール出会い系はどういったものなの??

スマホ

 

「出会い系」は自分の周りに女性がいない場合の、男性が出会いを求めるツールとしては最強のスペックを誇ります。

 

 

「出会い系ってなんだか怪しいイメージがある・・・」というのは2000年代前半のころのことです。

 

 

現在では、スマホの普及で、出会いのツールとして抜群の使いやすさで人気の出会いのツールになっています。

 

 

また、出会い系はクリーンな出会いのツールとして、ここ最近ホットなツールに成長してきています。

 

 

サイトは使いやすく、きちんと本人確認と年齢確認をしているので、安心して登録して出会いを作っていくことができます。

 

 

特に、大手の出会い系は登録者数が500万人以上いて、出会いを求める人が集中して利用していることがわかります。

 

 

当サイトでは私が彼女ができた「PCMAX」をおススメします。

 

 

PAMAXはアクティブユーザー(サイトを実際使っている人数)は200万人以上の今もっとも旬な出会い系です。

 

 

サイトが極限まで使いやすくなっていて、初めて使う人でも迷うことなく利用できることがポイントです。

 

 

出会い系を利用すると、様々なタイプの女性との出会いをガンガン作り出せるので、効率的な女性との出会いを量産していくことができます。

 

 

ただ、出会い系を使えばすぐに「好みの女性」に会えるというわけではありません。やはり出会い系を使って、ある程度の女性と会って行かなければ好みの女性とは巡り合えません。

 

最初に出会った女性が好みの女性なら超ラッキーですが、実際は10〜20人くらい会っていくと、その中に好みの女性が1〜2人くらいというのが普通です。

 

 

実際、リアルな生活でも「かわいい娘」は大体10人に1〜2人くらいですからね。出会い系で登録時ている女性もかわいい娘となるとそのくらいの割合です。

 

 

しかし、10人くらい女性と会って行けば、たいてい好みの女性と出会うことができるのが「出会い系」の醍醐味です。

 

 

あなたが出会い系を利用して、好みの女性と出会うことができるのを心から祈っています。

 

 

→参照:PCMAX登録方法

 

 

 

 

 

PCMAX以外でサブで使っているサイト