LINEを活用して彼女をつくりたいのですが・・

 

LINEをうまくつかって彼女をつくる・・・彼女が欲しいときにはやっぱりどうしてもLINEは必須ですからね。

 

 

ちなみにメールとLINEはけっこう別物です。メールはある程度長い文章を使っても大丈夫でしたが、LINEで長い文章を使うと相手も引きます。

 

 

これはなんで?かというとメールは文章を送るツールでしたが、LINEは「会話の延長線上」のツールだからです。ラインのほうがより「会話」に近いんですね。

 

 

この前提がまずわかっているとLINEの使い方がだんだんとうまくなっていきます。それでは、対女性に対するLINEの送り方を見てみましょう。

 

 

基本的なLINEの考え方

スマホを使う女性

LINEの特徴はメールより、さらに「会話」に近いです。なので、普段の会話をイメージしてLINEをすればよいのです。

 

 

LINEでかしこまった文章とかは逆に女性に対しては逆効果になります。

 

 

「シンプルで、相手が返信しやすい」ようなメッセージを心がけます。

 

具体的には短文で、多くて三つ言葉くらいがいいです。耐え問えば

 

 

「ども、こんちは」
「昨日どうだったよ?」
「最近どう?」
「実はさあ、今日・・・」
「もしかして、○○ってこうじゃね?」

 

 

とにかく言葉を少なくしていきあす。そして相手との「言葉のキャッチボール」を意識していきます。言葉のやり取りで遊ぶというイメージですね。

 

 

あと、前提はあまり長い時間やる必要はありません。10往復くらいしたら、いったん切りましょう。これはんでかというと、どんなに面白いlineのやりとりでもいずれ飽きてきます。それを防止するためです。

 

 

いったん切って、また数日後とかにするのがコツです。こうすることで、相手も飽きることなく lineを続けていくことができます。

 

 

まず女性に対するLINEで気をつけること

可愛い娘

たとえば、初めてLINEを女性と交換したとします。

 

 

シチュエーションは合コンとか、飲み会とか、サークルとか・・・あると思いますが、

 

 

最初のLINE軽めに、とにかく相手が返しやすいメッセージをイメージします。

 

 

実際の例

たとえば合コンとかでLINEを聞いた場合、まず交換した日にとかにすぐLINEするのは絶対NGです。1〜2日はさみます。ガッついた印象ができて女性は冷めます。 では実際の例です。

 

 

最初のメッセージのよい例

 

「飲みすぎた?」

 

 

最初のメッセージの悪い例

 

「昨日はありがとう、楽しかったよー どうだった?あのあとどうしたの??」

 

 

もう察しのいい人はわかったと思いますけど、普通に会話のイメージでシンプルにLINEします。悪い例みたいな会話ってしないですよね。いきなり長文はNG.

 

 

既読スルーされた場合

 

最初のLINEで既読スルーされたときは、絶対やってはいけないのが追撃LINEです。これやると終わります。

 

 

追撃LINEをしてしまうと、必死感がまるわかりになって女性も冷めます。女性からするとそれに怖いですしね笑

 

 

最初のLINEで既読スルーされたら次のLINEは一週間以上は間をおきましょう。

 

 

一週間後LINEして反応がなかったら1ヵ月以上あけます。

 

 

それでダメなら諦めます笑。次の女性行ったほうが早いです。

 

 

どうしてもこの娘と・・・・と言う場合は3カ月とかあけてからたまにLINEしてみましょう。忘れたころくらいがいいですけどね。

 

 

会話の暖め方

とにかく、くどいですけど会話イメージでLINEをしてきます。

 

 

とにかく媚びないで、そうですねーイメージは自分の妹とか、娘を相手にするかんじで軽くバカにしてるんだけど愛情があるような感覚で女性を相手にします。女性は媚びた瞬間終わりますからね。

 

 

何回かやりとりをしていくなかで、たまにコチラから会話が盛り上がったら、既読スルーします。

 

 

それで何事も無かったかのように、数日後またLINEします。

 

 

これを何回かやっていくと、だんだんとあなたの「価値」が上がるんですよ。

 

 

しつこくLINEをすればするほど「価値」は下がります。

 

 

それで、会話が温まってきたら、ポンとオファーを入れます。

 

 

オファーは「飯でも食べる?」みたいなシンプルな感じでOK

 

 

日にちを決めて、待ち合わせ場所と見せのURLを乗っければOKです。

 

 

間違っても、女性に「どこにする?」とか「ココがいいかなあ?」とか判断をゆだねないで下さいね。

 

 

この店で何時と自分で決めてください。余談ですけど、女性は自分で物事を決定するのが大嫌いな人種です。買い物とかメニューで食べ物選ぶのが長いのは女性ならではですね。

 

 

とまあこんな感じです。

 

 

カンタンな説明ですけど、LINEて男はあんまりしないですけど、女は大好きですから、最初は出会い系でLINEを磨い見るのも手ですよ。

 

 

やればやるほど、感覚がつかめてきますからね。

 

 

ただ、LINEはやればやるほどコツがわかっていきます。実際こういうやり方を知っていてもやはり、実践して実際にLINEのやり取りをしていかないとなかなかうまくなっていきません。

 

 

もしLINEのやりとりをする女性がいない場合は「出会い系」を利用して女性とLINEのやり取りをするのがおススメです。

 

 

LINEの感覚がつかめて来たら出会い系で試してみよう

可愛い娘

LINEの感覚がわかってきても、女性とLINEしなければなかなか上達しません。

 

 

その場合は「出会い系」を使ってメールのやりとりからLINEに移行して、場数をこなしていきましょう

 

 

「出会い系」は自分の周りに女性がいない場合の、男性が出会いを求めるツールとしては最強のスペックを誇ります。

 

 

「出会い系ってなんだか怪しいイメージがある・・・」というのは2000年代前半のころのことです。

 

 

現在では、スマホの普及で、出会いのツールとして抜群の使いやすさで人気の出会いのツールになっています。

 

 

また、出会い系はクリーンな出会いのツールとして、ここ最近ホットなツールに成長してきています。

 

 

サイトは使いやすく、きちんと本人確認と年齢確認をしているので、安心して登録して出会いを作っていくことができます。

 

 

特に、大手の出会い系は登録者数が500万人以上いて、出会いを求める人が集中して利用していることがわかります。

 

 

当サイトでは私が彼女ができた「PCMAX」をおススメします。

 

 

PAMAXはアクティブユーザー(サイトを実際使っている人数)は200万人以上の今もっとも旬な出会い系です。

 

 

サイトが極限まで使いやすくなっていて、初めて使う人でも迷うことなく利用できることがポイントです。

 

 

出会い系を利用すると、様々なタイプの女性との出会いをガンガン作り出せるので、効率的な女性との出会いを量産していくことができます。

 

 

ただ、出会い系を使えばすぐに「好みの女性」に会えるというわけではありません。やはり出会い系を使って、ある程度の女性と会って行かなければ好みの女性とは巡り合えません。

 

最初に出会った女性が好みの女性なら超ラッキーですが、実際は10〜20人くらい会っていくと、その中に好みの女性が1〜2人くらいというのが普通です。

 

 

実際、リアルな生活でも「かわいい娘」は大体10人に1〜2人くらいですからね。出会い系で登録時ている女性もかわいい娘となるとそのくらいの割合です。

 

 

しかし、10人くらい女性と会って行けば、たいてい好みの女性と出会うことができるのが「出会い系」の醍醐味です。

 

 

あなたが出会い系を利用して、好みの女性と出会うことができるのを心から祈っています。

 

 

→参照:PCMAX登録方法

 

 

 

 

 

PCMAX以外でサブで使っているサイト