彼女が欲しいと思う4つの男性心理

イケメンな男

 

男は彼女が欲しいと思う人が大半ですね。

 

恋愛に疲れたりして、彼女要らないという人もたまにいますが、大半は欲しいものです。

 

ここで言う4つの男性心理とか言ってますが、まあよくネットで言われているものとそう変わりわありません。ほんとにありがちな心理です。

 

 

がだ、これをバネにして男は女を求める・・・・・そういうものなんですよね。やっぱり「彼女が欲しい」とか思わないと彼女はできません。自然に彼女ができるとかいうのは、相当ないい男とかだけですからね。

 

 

というわけで、なんで彼女が欲しいの?と素朴な疑問を考えてみましょう。

 

友達に彼女が要るけど自分にはいない

カップルの影

仲のいい友達に彼女がいて、しかもかわいかったりするとぶっちゃけ悔しいです。

 

 

これなんとかなりませんかね? このときに猛烈に彼女がほしくなりませんか?私はなりましたね。

 

 

友達には悪いですけど、そんなにたいした男ではない(失礼か)のに、けっこうかわいい彼女が居たりした日にはもうたまらなく悔しいです。

 

こうやって、嫉妬の炎に燃えた男は、彼女を作りたいと思うわけですね。

 

ただ、ここでポイントがあるんですけど、嫉妬の炎に燃えて「彼女欲しい」と思って行動するのはイイんですけど、そこで「焦り」を感じで女性にガツガツとアプローチするのは、ほとんどうまくいきません。

 

 

恋愛とかで、この「焦り」とか「ガツガツしている」というのが行動などの出てしまうと、女性が引いてしまいます。逆に彼女ができなくなってきます。

 

 

逆を考えるとわかるんですけど、女性でも彼氏ができないと焦っていたり、ガツガツしている女性は男は引きます。

 

 

人間て「手に入らないモノ」をモノにしたいという心理があるので、完全に最初から女性に「あなたに惚れてます」的なことがわかってしまうと女性はまったくその男を相手にしないパターンが多いです。

 


女性が好きなのは「落ち着いていて余裕があり安定している男」「媚びない男」です。

 

 

焦って女性に媚びを売ったりしてませんか?そうすると女性を逆に遠ざけてしいます。

 

 

単純にセックスしたい

綺麗な彼女

まあ、男なら性欲があるわけで。これは特に若いうちは、彼女欲しいというより、セックスしたいだけかもしれません。

 

 

でも、風俗に行くのってむなしいですし、彼女欲しいと強烈に思いますね。そういう時期ってあるんですよ笑。

 

 

女性らしい丸みをおびた、肌の綺麗なカワイイ彼女がいたらなあ?と妄想するわけです。でも妄想では彼女はできないので、行動するしかないんですね。

 

 

これも、男ならではの妄想ですけど笑、女性に対して「ヤリタイ」とかばれてしまうと女性は引いてしまいます。

 

 

この心理は男ならだれでもありますが、女性と接するときはその、女性の内面を見て「対人間として」接していくとうまくいきます。

 

 

性欲がダメっていってるんじゃないですよ。女性を人間として見ることができれば、その女性を落とすのに必要なことがわかってきます。

 

 

「女性を楽しませる」「女性の会話を楽しむ」「女性との時間を楽しむ」

 

 

と女性を楽しませて、自分も楽しい時間を過ごすことを目的にすれば、性欲も抑えられますしなにより女性を落とすことができていきます。

 

 

 

男女の恋愛イベント時に思い知る

クリスマスプレゼント""

これも強烈に思いますね。

 

正月、バレンタイン、ゴールデンウィーク、夏祭り、ハロウィン、クリスマス・・・・・

 

このときに彼女が居ないとちょっと精神的にキツイです。まあ、何とも無い人もたまにいますけど。

 

でも男なら、ついおもってしまうんですよ。イベントがあるときに一人で街を歩いていて、しかも知り合いが彼女と歩いていたときなんかは・・・・・

 

 

もう簡単に想像できますよねwwこのくやしさはどこに行くのだろうと思ってしまいます。やっぱり彼女を作ろうと奮起するわけですね。

 

 

まあこの手のイベントは、企業がお金を使わせようとして宣伝してるだけなので、盛り上がっているのは本当にごく一部です。

 

 

これを言ってしまうとアレですけど、こういうイベントが大好きな人って「普段の生活がつまらない」わけなんですね。

 

 

普段の生活が楽しい人はあまりイベントとかを必要としません。イベントを気にするより出会い系などのツールを使って淡々と女性と会って行くのが一番の彼女作りの近道です。

 

 

 

結婚したい

結婚式

友人の結婚式に出たときに自分に彼女がいないと、強烈に刷り込まれます。

 

 

「俺って彼女いないんだ、何やってんだ人生」

 

みたいに思う人もいるくらいですよ。結婚式の威力はハンパないですからね。まあ結婚が全てではないと思います。実際、幸せそうな夫婦もこの時代ですからね。少ないですし。

 

 

でも、やっぱり友人が結婚していくと、かなりの焦りを生じます。あれら無い人は結婚に興味がないか、女に興味の無い人です。そうなると別の話になりますが、ほとんどの男は「彼女ほしいーものすごくほしいー」となってしまいます。

 

 

ぶっちゃけ男のほうが、女性より単純ですし、精神年齢も低いので、ホント単純に「彼女ほしい」だけなんですね。これでもいいのですが、やっぱりパートナーを見つけるというスタンスは大事だと思います。

 

 

そういう意味意味でも、彼女が欲しいと思ったときが行動する一番いいタイミングなんですよ。

 

 

結婚したいと思ったら、結婚相談所とかに行く人もいますけど、かなり金額が高いです。ぶっちゃけ結婚相談所の成婚率は10〜20%ですからね。ほとんどうまくいきません。

 

 

まず、身なりを整えて、出会い系などを使って軽い気持ちで女性と会ってみるのがおススメです。あまり意気込みすぎると、先ほど言った「焦り」や「ガツガツ」した感じが出てしまって、上手く生きにくくなってしまいますからね。なんでも楽しむつもりでやったほうが、物事うまくいくような気がします。

 

 

男の欲求を満たすには「出会い系」を利用しましょう

スマホ

こういう男の本音がでる欲求があっても、周りに女性がいなければ行動もできません。

 

 

そういう場合は「出会い系」の利用をおススメします。

 

 

「出会い系」は自分の周りに女性がいない場合の、男性が出会いを求めるツールとしては最強のスペックを誇ります。

 

 

「出会い系ってなんだか怪しいイメージがある・・・」というのは2000年代前半のころのことです。

 

 

現在では、スマホの普及で、出会いのツールとして抜群の使いやすさで人気の出会いのツールになっています。

 

 

また、出会い系はクリーンな出会いのツールとして、ここ最近ホットなツールに成長してきています。

 

 

サイトは使いやすく、きちんと本人確認と年齢確認をしているので、安心して登録して出会いを作っていくことができます。

 

 

特に、大手の出会い系は登録者数が500万人以上いて、出会いを求める人が集中して利用していることがわかります。

 

 

当サイトでは私が彼女ができた「PCMAX」をおススメします。

 

 

PAMAXはアクティブユーザー(サイトを実際使っている人数)は200万人以上の今もっとも旬な出会い系です。

 

 

サイトが極限まで使いやすくなっていて、初めて使う人でも迷うことなく利用できることがポイントです。

 

 

出会い系を利用すると、様々なタイプの女性との出会いをガンガン作り出せるので、効率的な女性との出会いを量産していくことができます。

 

 

ただ、出会い系を使えばすぐに「好みの女性」に会えるというわけではありません。やはり出会い系を使って、ある程度の女性と会って行かなければ好みの女性とは巡り合えません。

 

 

最初に出会った女性が好みの女性なら超ラッキーですが、実際は10〜20人くらい会っていくと、その中に好みの女性が1〜2人くらいというのが普通です。

 

 

実際、リアルな生活でも「かわいい娘」は大体10人に1〜2人くらいですからね。出会い系で登録時ている女性もかわいい娘となるとそのくらいの割合です。

 

 

しかし、10人くらい女性と会って行けば、たいてい好みの女性と出会うことができるのが「出会い系」の醍醐味です。

 

 

あなたが出会い系を利用して、好みの女性と出会うことができるのを心から祈っています。

 

 

→参照:PCMAX登録方法

 

 

 

 

PCMAX以外でサブで使っているサイト