彼女を作るときに効果的な会話方法とは?

男女の会話

 

彼女を作るといっても、とりあえず女性に好まれるという会話が必要ですね。

 

 

女性に好まれる会話というと、やたらと「褒めたり優しい言葉をかける」というふうになってしまいます。これ残念ながら間違いです。

 

 

 

ここで、女性というより、対人間として女性を見てみましょう。あなたは、男友達、特に仲のいい友達がいる場合どんな会話をしますか?

 

 

バカな話をしたり、相手の話に突っ込んだり、けっこう思い切ったことを言ったり・・・・ 仲のイイ男友達や自分の妹や姉さんには、優しい言葉とか、褒めたりしないですよね。

 

 

もちろん、本当に心のそこから褒めたいときは褒めるべきです。ただ、普段の会話で「君キレイだね」とか言わないですよね。そこがポイントです。

 

 

仲のイイ友達とか妹や姉さんなどには、だいたい、ショーもない話は相手をイジッたり茶化したりしますよね。それが心地いいわけです。

 

 

こういった会話を

 

「言い合える関係」でいて、かつ

 

「言い合える関係だけど、相手を尊重している。」

 

 

というルうに言います。こういう状態が一番中のいい人間関係と言えます。かなり距離感が近いというかフランクな関係なんですね。一緒にいて楽で楽しいです。

 

 

これは、男女関係、友達関係、職場の同僚などすべてに当てはまることで、この言い合える関係でありながら、尊重しているという関係を作り出すことが出来れば人は一番その人間を身近に感じます。

 

 

ではどういう会話をすればこの関係に近づくことができるのでしょうか?

 

 

初対面や会って間もないときは・・

会話する男女

 

まず初対面から、人間関係は始まりますが、この場合、どれだけ早く心の距離を縮めることができるかがカギになります。

 

 

心の距離っていうとなんだかむつかしく感じますが、平たく言うと、どんだけぶっちゃけ話ができるかどうかです。仲のイイ友達との関係をイメージしましょう。

 

 

 

初対面との人の会話では、会話のとっかかりとして「共有スペース」というものを活用します。

 

 

「共有スペース」とは会話をしている二人の周りにあるもの、視界に入るも、いわゆるホントに共有しているものです。

 

 

たとえば、女性が着ている服や持っているバック、帽子、近くを歩いている人、近くの建物など様々です。

 

 

この共有スペースを使って初期の会話を暖めてイキます。対女性なら、たとえばとんがっている帽子をかぶっているとしましょう。

 

 

「あれ、帽子とんがっていますけど、小人さんですか?」

 

 

とかイジリます。また、たとえば、背が小さい女性などには

 

 

「あれ?電車のつり革に手が届く??」

 

 

などとイジります。こうやって、まず会話している人が共有しているものを使って会話を進めていきます。こういう初対面からリスクをとって相手をイジたりできると、かなり相手との親密度の距離感を一気に縮めることができます。

 

 

ただその相手をイジるのにも一つだけやってはいけないことがあって、

 

 

明らかにネガティブに気にしているであろうことは触れてはいけません。

 

 

たとえば、ちょっとポッチャリ体型の女性に「あれ?ちょっと太り気味?」とか言ってはダメ。

 

 

逆に、スタイルのいい女性に、「あれ?背が高いね 大巨人とか言われたりする?」とイジるのはアリです。スタイルが良い女性は自分がスタイルが良いというのを自覚しています。

 

 

また、背の低い女性に対して「つり革に手が届かないでしょ?」とかいじるのもアリです。女性にとって背が低いことはそれほどコンプレックスになる可能性は少ないからです

 

 

このへんのは相手をよく観察して言葉を選ぶのですがいいです。

 

 

「愛のあるイジリ」なんですよね。相手が本当にコンプレックスに思っていること以外はいじってもイイというかんかくです。イジッてそれがシャレになるなら問題ありません。

 

 

これができるようになると、初対面や会って間もないときの会話の掴みができるようになり、早い段階から言い合える関係を作り出すことが出来ます。

 

相手の話している言葉に受け身会話をする

1本の旗

 

 

受け身会話とは相手が言った言葉に対して、リアクションを取る事です。

 

 

先ほどの例をとると、

 

 

 

「背小さいですねえ、つり革に手が届くの?」」

 

 

「届きますよ失礼なww」

 

 

「そうですよねえ、ホント失礼なやつですねえ。もう土下座しますよww」

 

 

 

みたいにあいての突っ込みに対して大きなリアクションをとります。

 

 

「もう土下座しますよ」みたいにちょっと大げさなくらいがいいですね。動作をつけると尚いいです。

 

 

こういう受け身会話ととることで、相手(特に女性)は、

 

 

「この人には、こういうふうにはっきりと突っ込んだりしていいんだ・・・」という感覚になります。

 

 

相手の言っていることに「受け身」をとってあげるわけです。言い換えれば大げさなリアクションを取ってあげるわけですね。場が和むようなリアクションを取っていくわけです。

 

 

するとドンドン言いたいことを言いやすくなってきます。そうすると、女性のほうからドンドン言葉が出てきます。それに更に受け身会話を取ることで、言い合える関係が加速していきます。

 

 

なんでも突っ込める関係になってくると、親密度が一気にアップしていきます。とくに最初の段階では、こういった会話の積み重ねです。

 

 

こういう会話が出来上がった後で、相手の内面や性格、普段思っていることなど、ちょっと深い話の展開になるわけです。

 

 

逆に、こういう言い合える関係が構築されていない場合は、本当に相手は自分の内面についてさらけ出してはくれません。

 

 

もうお分かりですね?

 

 

会って初期の段階では

 

 

@共有スペースを使って会話のきっかけを作り
A受け身会話で相手の会話にリアクションをつけて乗ってあげる
Bその作業を繰り返して、「言い合える関係」を構築する。

 

 

この繰り返しになります。

 

 

この会話を学ぶには一番手っ取り早いのは、街で女性に声をかけるナンパなのですが、ソレができない人は出会い系などで女性と接する機会をつくってためしてみるのがいいですね^^

 

 

会話方法を理解したら 出会い系で女性と会って行こう

 

会話方法を理解しても、周りに女性がいない場合試すことができません。

 

 

そこで、出会い系を利用して女性との出会いを作っていくのがおススメです。

 

 

「出会い系」は自分の周りに女性がいない場合の、男性が出会いを求めるツールとしては最強のスペックを誇ります。

 

 

「出会い系ってなんだか怪しいイメージがある・・・」というのは2000年代前半のころのことです。

 

 

現在では、スマホの普及で、出会いのツールとして抜群の使いやすさで人気の出会いのツールになっています。

 

 

また、出会い系はクリーンな出会いのツールとして、ここ最近ホットなツールに成長してきています。

 

 

サイトは使いやすく、きちんと本人確認と年齢確認をしているので、安心して登録して出会いを作っていくことができます。

 

 

特に、大手の出会い系は登録者数が500万人以上いて、出会いを求める人が集中して利用していることがわかります。

 

 

当サイトでは私が彼女ができた「PCMAX」をおススメします。

 

 

PAMAXはアクティブユーザー(サイトを実際使っている人数)は200万人以上の今もっとも旬な出会い系です。

 

 

サイトが極限まで使いやすくなっていて、初めて使う人でも迷うことなく利用できることがポイントです。

 

 

出会い系を利用すると、様々なタイプの女性との出会いをガンガン作り出せるので、効率的な女性との出会いを量産していくことができます。

 

 

ただ、出会い系を使えばすぐに「好みの女性」に会えるというわけではありません。やはり出会い系を使って、ある程度の女性と会って行かなければ好みの女性とは巡り合えません。

 

 

最初に出会った女性が好みの女性なら超ラッキーですが、実際は10〜20人くらい会っていくと、その中に好みの女性が1〜2人くらいというのが普通です。

 

 

実際、リアルな生活でも「かわいい娘」は大体10人に1〜2人くらいですからね。出会い系で登録時ている女性もかわいい娘となるとそのくらいの割合です。

 

 

しかし、10人くらい女性と会って行けば、たいてい好みの女性と出会うことができるのが「出会い系」の醍醐味です。

 

 

あなたが出会い系を利用して、好みの女性と出会うことができるのを心から祈っています。

 

 

→参照:PCMAX登録方法

 

 

 

 

 

PCMAX以外でサブで使っているサイト