女性と早く打ち解けるにはどうするの?

地球儀を持つ男

 

女性と早く打ち解けるには、ざっくばらんな会話というのが必要ですよね。でも、なかなか女性相手だと壁を作ってしまったり、女性側に壁があったり・・・・

 

 

なかなか同性のようにカンタンには打ち解けられません。

 

 

男同士だったら簡単に話せるのに、相手が女性だと、どうしても緊張してしまったり男に話すようにしゃべれなかったりということは男ならだれでも経験があります。

 

 

まず、これは「女性に慣れるしかない」ところなので、文末で紹介している「出会い系」などを利用して女性と会って練習することが大事です。

 

 

 

ただ女性の心理をわかって、早く打ち解けるコツを知っていて女性と会っていくのと、なにもしらないで会って行くのではかなり結果に違いが出てきます。

 

 

女性心理を早く打ち解けさせるためにはちょっとしたコツがあります。ここではそのコツをご紹介していきます。

 

 

女性側に突っ込ませる会話をすると女性が心を開く

かわいい女子大生

女性と早く打ち解けるためには、女性の男性と決定的に違う点を把握することです。

 

 

男性は、会話に深い内容を求めます。内容がいかに充実しているかといった会話内容に重点をお置きます。たとえば、将来の目標とか、共通の趣味をもった仲間との話し。仕事での将来の展望など、そういった大きな内容が濃い話を求めがちです。

 

 

逆に、女性は会話に対して内容はそれほど重視していなくて面白さやノリを重視します。

 

 

簡単に言うと、内容が薄くても面白ければいいのです。よく「「女子会」なんかで鼻いいることは、ただの^グチだったり芸能界の話だったり、男にしてみると「どうでもいい」話です。

 

 

でも女性はそういう話が大好きです。なぜなら「女性脳」というのはその場の会話の「ノリとか楽しさを重視」する生き物だからです。

 

 

女性にとって会話の内容はどうでもよくて、「会話の楽しさ」「会話のノリの良さ」を一番重視します。平たく言うと楽しければそれでいいという頃です。

 

 

そこを考えると、よくやりがちな、男が自分の夢を語ったり、武勇伝を語ったりする内容の会話は女性にとって一番面白くない会話です。

 

 

だから、女性に男が自分の自慢話とか武勇伝を話すとたいがいその女性に嫌われます。「この男どうでもいいわ」みたいなふうに思われてしまいます。

 

面白さとノリを重視するということは、女性に突っ込みを入れさせるような会話が大事です。

 

 

女性が楽しく感じるのは、よくお笑い番組とかでのボケとツッコミができるような関係を言います。こういう楽しそうな会話があれば、正直話の内容とか女性はどうでもいい生き物です。女性は感覚とかフィーリングを会話で重視します。

 

 

もう、お気づきかもしれませんが、

 

 

女性が突っ込みたくなる会話→男性側がボケる会話

 

 

が女性にとって一番楽しい会話になります。

 

 

お笑い芸人がモテるポイントはここで、いかにイケメンでもボケることができない人間はそのうち飽きられてしまいます。

 

 

ただ、別の追われライ芸人みたいに、ポンポン会話が出てきたり、会話ネタが豊富はべつに必要ありません。

 

 

ではどういう風に女性に対してボケやツッコミを入れればいいのでしょうか?

 

 

ではどういうふうにボケればいいのか?

頭を掻く子供

 

 

ボケといってもお笑い芸人じゃないんだから・・・俺ギャグのセンスないし・・・・と思うかもしれませんが、

 

 

ボケる=イジる

 

 

とイメージすると、思っているよりカンタンに女性にボケることができます。

 

 

たとえば、赤い服を着ている女性に

 

 

「これから闘牛でもするんですか?赤い服来て」とか

 

 

冬にモコモコの服を着ている女性に

「すごいモコモコしてるじゃないですか、そんなにモコモコしてると、モコモコって呼ばれてます?」

 

 

緑のニットを着ていた女性に

 

 

「そんな緑来て、ガチャピンみたいですね。ってガチャピンですか?」

 

 

こんな感じで適当にイジります。

 

 

これがいわゆる「ボケ」たことになり、女性もソレに対して突っ込んきます。

 

 

「いやいや違うから」とか

 

「そんなわけ無いでしょ?」

 

 

なんて言ってきますよね。これが突っ込みと同様の台詞回しになります。

 

 

意外とカンタンでしょう?やってみるともっとカンタンです。女性を無造作に褒めたり、当たり障りの無い会話をするより反応がかなり違ってきます。

 

 

もともと女性はイジられるのが大好きな人種なので、そこをいつも考えていると女性にたいしてボケることができます。

 

 

パターンは「女性にツッコミを入れる」→「女性が反応する」→「それに対してボケる」

 

 

これの繰り返しです。とくに女性と知り合って間もない時はこれの繰り返しだけです。その女性と親密になってくれば、落ち着いて話したりするk十も必要なってきます。ただ、最初の女性とのとっかかりはこういった、女性と楽しいだけの会話で充分です。

 

 

女性と早く打ち解けるにボケの繰りかえり作業

継続は力なり

 

打ち解けるには、このボケることの作業の繰り返しになります。

 

 

ですので、最初からマジメぶって当たり障りの無い会話に終始する男性はモテません。哀しいですけどね。

 

 

お笑い芸人がモテルのも面白いからであって、くどいですが、女性は会話の内容の濃さを求めていません。面白ければいいのです。なので、「自分を良く見せよう」とか「自分のイイところをアピールしよう」とかいうことを一瞬でも思ってしまったら、女性は敏感なのでスグに気づいてしまいます。

 

 

そこを理解していると、どういう会話をすればいいのかわかってくるでしょう。

 

 

とにかくベクトルを自分ではなく、「相手の女性」に向けて、この女性はどんなことが楽しいと思うのかと絶えず考えていると、だんだんとモテる男の行動というのが身についてきます。

 

 

モテる男はこういったことを「天然で自然にできている」か「自分で計算して考えてやっているか」の差はありすが、自分のことより「女性」のことだけを考えています。

 

 

だから自己中心的は男は最も嫌われます。これが理解できるとかなり人生の弾みがついますよ。

 

 

女性と打ち解ける方法が分かったら出会い系で出会いを作っていこう

 

女性と打ち解ける方法がわかっても、周りに女性がいないと試すこともできません。

 

 

そういう場合は「出会い系」の利用をおススメします。

 

 

「出会い系」は自分の周りに女性がいない場合の、男性が出会いを求めるツールとしては最強のスペックを誇ります。

 

 

「出会い系ってなんだか怪しいイメージがある・・・」というのは2000年代前半のころのことです。

 

 

現在では、スマホの普及で、出会いのツールとして抜群の使いやすさで人気の出会いのツールになっています。

 

 

また、出会い系はクリーンな出会いのツールとして、ここ最近ホットなツールに成長してきています。

 

 

サイトは使いやすく、きちんと本人確認と年齢確認をしているので、安心して登録して出会いを作っていくことができます。

 

 

特に、大手の出会い系は登録者数が500万人以上いて、出会いを求める人が集中して利用していることがわかります。

 

 

当サイトでは私が彼女ができた「PCMAX」をおススメします。

 

 

PAMAXはアクティブユーザー(サイトを実際使っている人数)は200万人以上の今もっとも旬な出会い系です。

 

 

サイトが極限まで使いやすくなっていて、初めて使う人でも迷うことなく利用できることがポイントです。

 

 

出会い系を利用すると、様々なタイプの女性との出会いをガンガン作り出せるので、効率的な女性との出会いを量産していくことができます。

 

 

ただ、出会い系を使えばすぐに「好みの女性」に会えるというわけではありません。やはり出会い系を使って、ある程度の女性と会って行かなければ好みの女性とは巡り合えません。

 

 

最初に出会った女性が好みの女性なら超ラッキーですが、実際は10〜20人くらい会っていくと、その中に好みの女性が1〜2人くらいというのが普通です。

 

 

実際、リアルな生活でも「かわいい娘」は大体10人に1〜2人くらいですからね。出会い系で登録時ている女性もかわいい娘となるとそのくらいの割合です。

 

 

しかし、10人くらい女性と会って行けば、たいてい好みの女性と出会うことができるのが「出会い系」の醍醐味です。

 

 

あなたが出会い系を利用して、好みの女性と出会うことができるのを心から祈っています。

 

 

→参照:PCMAX登録方法

 

 

 

 

PCMAX以外でサブで使っているサイト